脱ワンパターン:Sorryって言われた後!リアクション5選

ONE POINT LESSON

ワンポイント英会話

Sorryって言われた後!

リアクション集5選

バンクーバーの英語訓練校、

キラキラVector International Academyキラキラです。

先週、Yeah!の代わりに使うリアクションたち

について紹介しました。

詳しくは↓

今日リアクション脱ワンパターンシリーズ2です。

カナダ人とアメリカ人の違いの一つ、

わかります?

それはSorryを言う回数!!

そう。電車なんかでぶつかっちゃった時、

カナダ人はExcuse meではなくSorryなんです。

ちゃんと謝る国民性があるんですね。

では、Sorryと言われたら、

なんとリアクションする??

パターン①It’s okay!

これ一番ベタなやつ。

でも速攻で言うのが礼儀ってもんです。

まずはここから!

パターン②No problem!

これはThank you!って言われた時に使える優れモノ!

パターン③No worries!
サラッと言えたら

ちょっとカッコよくないですか?

でもrの発音には注意!

パターン④No big deal!

これオススメ!
大したことないさ〜ってことですね。
これがサラッと言えれば上級者です!

パターン⑤リアクション+ワン

上のリアクションにさらに一つ文を加える!
例えば電車でぶつかったなら、

I wasn’t paying attention, either.

(私もちゃんと見てなかった)

とかね。

Sorryってせっかく謝っているんだから、

こちらもちゃんとリアクションしてあげましょうね!

 

 

 

VECTOR BLOG CONTENTS

ベクターブログコンテンツ

CONTACT

お問い合わせ

無料体験レッスンやホームステイについても、
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせありがとうございます。お問い合わせ内容のコピーが、ご記入いただきましたメールアドレスにも送信されます。
もし届いていないようでしたら、メールアドレスを再度ご確認の上お問い合わせください。

LINEでお問い合わせの場合は、下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。

Add friend
担当者がログイン後、お応えします。