Takumi M.

私は、キャリアアップを図るため43か月従事した会社を辞め、27歳で留学することを決意しました。前職で海外生産業務に携わる中で、国内では味わうことのできない刺激的な体験をし、「英語を使って仕事がしたい」「もっと大きな仕事に携わりたい」と思い、中学生以下の英語力で留学を開始しました。

最初はESLに通っていたのですが、ただ話しているだけでビジネスで通用する英語とは全く無縁でした。その後目的達成のためVectorに通いました。そこでわかったことは、文法も発音も何も知らないことでした。

授業は目から鱗がでるような新しい発見と目から汗(Vectorあるある)がでそうなくらいのたくさんの課題。毎日充実した日々を過ごすことができました。Vectorで養ったのは英語だけではなく、人前に立って堂々と話す度胸・自信です。Vector名物!?である面接のプレゼンテーションでは、30人以上を目の前にして英語で自己PRをしなければならない機会があります。これを経験していれば実際の就職面接は恐るるに足らないでしょう。

実際に帰国後の転職活動では15でも全然動じませんでした。しかも日本語であれば尚更余裕です。本気で英語を使って仕事がしたい人にはVectorはもってこいの学校だと思います。先生方も、本気でグローバルで活躍できる人財を輩出するという熱意でぶつかってくれます。

そして今回、完成車メーカー向けに車のボディなどを溶接する機械を開発、販売する会社の海外事業部の内定をいただくことできました。今回、海外事業本部長と話す機会があり「困難に直面しても諦めないで突き進むことが重要」と言われました。もし自分の英語力が心配で一歩進めない方がいたらとにかく挑戦してほしいです。その一歩としてVectorを利用してください。先生方が数々の困難を用意して待ち構えていると思うので!!!

VECTOR BLOG CONTENTS

ベクターブログコンテンツ

CONTACT

お問い合わせ

無料体験レッスンやホームステイについても、
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせありがとうございます。お問い合わせ内容のコピーが、ご記入いただきましたメールアドレスにも送信されます。
もし届いていないようでしたら、メールアドレスを再度ご確認の上お問い合わせください。

LINEでお問い合わせの場合は、下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。

Add friend
担当者がログイン後、お応えします。