カナダ留学をお考えですか? 黄金の【留学準備方法】

SPEAKING

スピーキング情報

カナダ留学をお考えですか?
黄金の【留学準備方法】

 

 

 

こんにちは。校長のMariです。

卒業・進級、新しい生活へ向けて一区切りつける方が多い3月。

春から留学をお考えの方も多いかもしれませんね。

 

留学すれば英語はなんとかなる

 

と聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、

「留学しても英語はなんともならなかった!先生、助けてください!!」

とおっしゃる生徒さんも、過去15年間後を絶ちません・・・

 

留学してからの最適な英語学習法はまた今度書くとして、

今日は、

留学前の最適な準備方法について書いてみます。

 

留学前は学校やお仕事を最後の最後まで頑張ってこられる方が多いので、

準備時間も実はしっかり取れなかった、という話をよく聞きます。

一方で、カナダに滞在できる時間は多くの方の場合最高1年間。

その1年間を1日でも無駄にせずに有意義に過ごしたいとお考えであれば、

ほんの少しでもいいので準備の時間を割いてみてください。

 

 

満足した留学をされたほとんどの方がおっしゃるのが、

「日本でできることは、

できる限り留学前に済ませておけばよかった・・・」

ということです。

 

例えば、

英会話練習はむしろ留学後に存分にできます。

 

では留学前には何ができるんでしょう・・・?

 

それは、基礎文法&基礎単語です。

カナダに着いたらすぐに、生活の仕方について英語で話していくことになります。

 

どの洗剤を買ったらいいのか

トイレットペーパーはどこで買うのか

夕食の時間は何時までか

鍵は誰からもらったらいいのか

などなど

 

ホストファミリーや大家さんとすぐに、生活会話を始めるでしょう。

簡単でいいので、それくらいができる英語力の準備はしておきたいですね。

 

そこで私がオススメしているのが、

基礎単語:「洗剤」って英語で何て言うの?簡単な日常生活用品くらいは、

口から出るくらいにしておきたい!!

基礎文法:文法は単語をきちんとつなげるルールです。単語がビーズ玉だと
したら、文法はその一粒一粒をつなぐ糸のようなもの。
どのビーズ玉が先に来るのか、なども糸つなぎのルールです。

これを知らないと、単語の羅列になってしまいます。

それでもなんとかコミュニケーションはできるのでいいのですが、

もし、それ以上の英語力をゆくゆくはつけたいと思っておられるのであれば、

単語の羅列という落とし穴

に最初に落ちてしまわない、ことが大切です。

最初に「これでもまぁまぁ通じるやん」って思ってしまうと、

きちんとつなげる努力をしなくなりがちだからです。

 

何事も最初が肝心。

ゆっくりでいいので、最初から「しっかり」英語を話してください。

 

ちなみにVectorではそんなみなさんの留学前準備をお手伝いするため、

 

英語コンシェルジュ】

 

という、オンラインマンツーマンレッスンを提供しています。

ゆくゆくはスピーキングが上達することを目的としたカリキュラム

基礎文法をしっかりお教えいたします。

 

留学前の時間は貴重です。

なので

英語コンシェルジュは

だらだら勉強しません。

 

10回きりのレッスンで、基礎文法を叩き込みます。

まさにこれぞ、「短期間で効果を出す」Vector式です。

 

カナダ留学初日に「やっててよかった!」と思える勉強。

 

週1回、50分から始めてみませんか?

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

VECTOR BLOG CONTENTS

ベクターブログコンテンツ

CONTACT

お問い合わせ

無料体験レッスンやホームステイについても、
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせありがとうございます。お問い合わせ内容のコピーが、ご記入いただきましたメールアドレスにも送信されます。
もし届いていないようでしたら、メールアドレスを再度ご確認の上お問い合わせください。

LINEでお問い合わせの場合は、下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。

Add friend
担当者がログイン後、お応えします。