Update : 2021.04.17

コロナ渦のカナダのワーホリ!ワーキング重視でホリデー要素は少ない?

1+

 

 

こんにちは、スタッフのTakです。

2021年はカナダ留学や
永住権の大事なビザや入国に関するニュースがたくさんでてきました。

 

以前の記事、2月の永住権のニュースについては【こちらをクリック】
※3月の時点では通常の点数に戻っています。

 

今回取り上げる話題は、皆さんが一番気になるワーキングホリデーについてです。
2021年度のワーキングホリデーの応募サイトはオープンしています。

日本人の上限は今までと同じく6500名。

カナダ政府としても留学生の存在は忘れずに大切に考えているということが分かり嬉しいですね!
ちなみに、4月中旬の時点での抽選された方(招待された方)の人数は39名

 

↓ ワーキングホリデーのスケジュールおよび抽選状況等 ↓
https://www.cic.gc.ca/english/work/iec/selections.asp?country=jp&cat=wh

↓ ワーキングホリデーの条件等 ↓
https://www.cic.gc.ca/english/work/iec/eligibility.asp?country=jp&cat=wh&#country_category_name_cont

 

ただなぜ抽選された方が少ないかと言いますと、

 

招待状を受け取るのにJob Offerが必要なんです!

どういうことかといいますと、事前に「働く場所」が決まっている必要があるんです。
このジョブオファーがないと応募はできても、招待状を受け取る段階に進めないんです。

そして、Job Offerがあるということは
入国後自己隔離が終わった後から働くことが前提になります。

入国ができるのは「必要不可欠な理由の渡航者」。
この必要不可欠な理由が今回は
「カナダの企業が従業員(その人)が今必要」だから
海外から呼び寄せるというイメージになるんです。

※なので現時点では申請後ジョブオファーの提出が必要。

 

カナダ国内で話を聞く限りでは、
招待状を受け取った方はカナダに既に学生ビザ等でいる方が多いそうです。
そう、国内で就活をして仕事が決まってから申請しています。

 

また日本からの方もいますが、
その場合はいざ入国できるとなっても規制もあります。

・自己隔離
現在14日間の自己隔離のうち、
3日は指定されたホテル(自己負担であり、予約が必要)で検査結果を待つ必要があります。

※2021年4月までにホテル滞在についての情報は頻繁に更新されています。

入国制限中のため、これらの措置がいつまで続くのかはわかりませんが
常に何かしらの情報が変わっています。

それぞれの制限がいつまでかかるのか、
どのように変わるのか等すべてが「その時の情勢」状況です。

 

多くの方からVectorにもこの入国制限について質問をいただきます。
しかし、例えばワーキングホリデーの方に関しては
いつ頃からコロナ前のような申請方法に戻るかはわかりません。
いつから以前のようにeTAで入国できるようになるかもわかりません。

もちろん、皆さんの情報を知りたくなるお気持ちはわかります。

さらにワーホリだからこそ「学校に行きながら」「働きながら」「ホリデーを楽しみながら」のような
以前のイメージで渡航したい気持ちもわかります。

ただ、現段階のワーホリはカナダに(就職が決まり)働きに来るというイメージに近いと思います。
つまり、ワーキング要素が強いです。

自由な留学・自由な滞在ができるビザとしてワーキングホリデーを考えている方は
入国制限解除について目途が経ってから動いた方がいいと思います。
ホリデー要素は制限も多く楽しみにくいかもしれないです。

 

もちろん、タイミング的に待てない方もいらっしゃると思います。
その場合は、その時カナダ政府が出している条件をきちんと確認をしてから
応募や申請を検討してください。

 

ちなみに2020年はコロナ後に許可証の発行自体がストップしたため、
最終段階(申請費を支払い、書類をすべて出し終えた)でかなり長い間
結果が来るのを待っていた方がいました。
つまりビザの申請期間は情勢によってかなり変わるため、
いつどのように変わるかわかりません。

 

余談ですが、実は自分はオーストラリアにワーキングホリデービザを申請したとき、
なぜか健康診断リクエストが来たんです。
AUSのワーホリで健康診断リクエストが来ることはかなりレアケースと言われていたため、
事前に航空券を安いうち買っていました。(数カ月先)
しかし、健康診断の結果の反映が遅くなかなかビザが下りず
航空券が無駄になる!って焦ったことを覚えています。
(最終的に許可が下り、予定の便に乗れました。)

そのため、航空券などはビザや許可証をもらってから動いた方が特に今はいいと思います。
※ビザの進み具合は本当に何が起こるかわかりません。
飛行機のキャンセルも考えられます。

 

またコロナ渦の現在は、
他のビザも含め1つでも間違えると入国以前に飛行機の搭乗すらできないとも聞いています。

ワーキングホリデービザ以外も含め、
そもそも入国制限中なので
渡航自体にかなりの労力がかかります。

個人的には日本に行きたいのですが、
日本の入国制限とカナダに戻ってきたときの入国制限について
情報が常に動くため何もできずにいます。

だからこそ、
英語力を上げたいために留学を考えていた方!!

Vectorはオンラインで日本からレッスンを受けることができます!

今後の留学やワーホリ時に少しでも高いレベルで海外生活をスタートした方は、
英語の勉強を今Vectorでするのが一番いいと思います!!

オンライン留学についての記事はこちらをクリック

日本時間 土曜日に週1回のレッスンに興味がある方は【こちら】をクリック

Vectorのレッスンってそもそもなに?って方はレッスン体験(セミナー)にご参加ください!
セミナーの日程や詳細はこちらをクリック

 

CONTACT US

無料体験レッスンやホームステイについても、
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせありがとうございます。
お問い合わせ内容のコピーが、ご記入いただきましたメールアドレスにも送信されます。
もし届いていないようでしたら、メールアドレスを再度ご確認の上お問い合わせください。