TESTIMONIALS

上級スピーキングコース

Tamao S.

Tamao S.

期間:2018/05

卒業してから客観的にあの日々を振り返ると,がむしゃらに泥臭く英語に向かい合っていたように思います.
…と同時に「あ,そういえば‘‘何かをものにする‘‘ということは非常に苦しく,もがき続けなければ先の見えてこない行為だったなぁ」とふと思い出しました.まさしく「がむしゃら」という言葉が個人的にしっくりくるクラスでした.でも楽しかった.授業内で扱った各週トピック,単語,和英文翻訳,カンバセーション,歌…諸々のアクティビティは日常会話に応用できるものが多く有益に感じました.かつ多種多様なアクティビティをこなすことは,脳の英語処理メモリをまんべんなく開発するのに繋がっていたように思います.ありがとうございます.
それだけでなく,Mari先生からは英語話者としてのスピリットをたくさん教えていただきました.バイリンガルである先生だからこそ我々生徒に伝えられる貴重なその考え方は,卒業後も英語を話す際に活きてくると信じています.
この学校で出会った方達の支えもありなんとか無事卒業できたことに感謝しています.
今後も一層英語学習に力を入れて頑張ります!ありがとう!💕

Akihiro K.

Akihiro K.

期間:2018/05

あっという間の2ヶ月でした。達成するべきタスクが多く、成長しているのか、していないのか、自分では分からない中で努力を続けることはとても大変でした。自分の理解が果たして正しいのか、もし違った方向へ進んでいれば教えてくれますが、クラスメイトも先生も日本人なので、そうした相談や疑問点の質問などを日本語で解決出来るというのは、自分にとっては良かったのだと思います。個々のレベルに応じたタスクを示される為、コース中はとにかく自分と向き合って、やるべき事、やらなければならない事を突き詰めていくことの繰り返しで、毎日が反省の日々でした。先の2ヶ月でアウトプットコースと準備コースを受けてきてその後のマリ先生のコースでしたが、これまでの先輩から言われてきたように、もっと事前のコースで頑張れたのではないかという思いがあるのと同時に、休日を経て自分の積み上げてきているものを落としてしまうくらいなら休みなど要らないと思ったのは初めての経験で、もっと早い段階で同じ気持ちになれていれば、と悔しい気持ちがあります。
改めて振り返ってみると自分の足りない点や至らなかった点ばかりが思い浮かびますが、まだ英語話者としてのスタートラインに立ったに過ぎないので、それらは今後の課題としてこれから頑張っていきたいと思います。これまで本当にお世話になりました。ありがとうございました。

Mayumi Y.

Mayumi Y.

期間:2018/04

最後の2週間は精神的に限界ギリギリで、何をしても自分の伸びが感じられず、それどころか「昨日の方ができていた」ことが多々生じていて、自分がどこかしら怠けているのかもしれない、でもどこに鞭打てばいいのかわからない、といった不安に打ちのめされそうな思いでした。もっと色々吸収して成長できたら良かったと思いつつ、その気持ちに飲み込まれないよう抗うのに必死で、先生の熱心なご指導にうまく応えられず申し訳ないなと思っています。
そんなこんなのラストスパートでしたが、先生の過酷な愛の鞭、素直に嬉しかったです。私のキャパが足りなかったので、そのほとんどを取りこぼしてしまったのが悔しいですが、先生が言葉にしてくれた私の課題は、卒業後も私のlife long goalとして、自分で自分に問いかけ続けていきたいと思います。本当にありがとうございました!
次に会うときには、綺麗に発音を響かせて先生の目を真ん丸に見開かせたいと思います。

Asuka M.

Asuka M.

期間:2018/04

毎日大変でしたが、本当にあっという間の二ヶ月間でした。
英語のことも勿論、他にも日本のことやカナダのことを英語を通して学べた気がします。
私は基礎クラスから受講してきましたが、1番上のマリ先生のクラスに行ってもやはり基礎は大切なんだな。と実感しました。下のクラスで習ったことをこのクラスで活かせたと思います。
一日40個の単語は大変だったけど、お店やレストラン、ニュースなどで見たり聞いたりして、その度にに嬉しくなりました。
授業中は、出来ない自分が悔しくて泣いたり、クラスメイトの気持ちに共感して泣いたり、、感情の波が激しかった二ヶ月でしたが、最後まで頑張れたのは、先生とクラスメイト達のお陰です。本当にありがとうございました。
ベクターに入るまでは、自分は外国人だから英語話せなくて当たり前。いつも話の相手側が頑張って理解しようとしている英語を話していました。
けどマリ先生のクラスにきて相手に無理させず、しっかり通じる英語を話す。という話を聞いて、今までの自分の中途半端さに色々考えさせられましたし、反省しました。
マリ先生には全てを見透かされてる気がしてテストの時など、緊張して手汗、震えが止まらない時もあったけど、それくらいの気持ちで英語を話さないと、相手にしっかり通じる英語にはならないと思います。
コース中の全てのことが自分の英語力に繋がっていると思っていたので、頑張れました。
もうみんなと毎日会えなくなるのは寂しいですが、これからはここで習ったことをもとに自分で自分なりの勉強方法を追求していきます。そしてみんなにいい報告ができるように頑張ります。

 

Yusuke M.

Yusuke M.

期間:2018/04

短いようで長い、長いようで短い2ヶ月間でした。
初めの月は授業についていくこと、先生の話を理解することだけで手一杯でした。毎日が苦しかったです。

ある日のこと、単語を毎日紙に書いて必死に覚えていて字を見れば意味がわかっているのに、日本語の音を聞いて英語の音で即座に返答できない自分がいました。一回頭の中で字を書いてから英語を話していたんだと思います。

そんな時に先生は自分に対して、一度日本語に訳したり頭の中で字を書くのではなくて、モノのイメージと英語を繋げて覚えるようにと教えてくれました。そう教えられてからイメージすることビジュアライゼーションを意識すると単語を覚える速度もあがるようになりました。

他にも発音、チャンク、イントーネーション、文章作成、翻訳、スピーチ作成。

老人ホーム訪問、ロータリークラブでのスピーチ、アニメイベントでのダンスなどなど

日本にいた時では経験できないことを沢山学んだり、体験しました。
最後の1ヶ月は気づくとあっという間に終わっていました。
この学校は自分自身の英語と自分自身に挑戦する場所でした。

Ryo F.

Ryo F.

期間:2018/1

あっという間の4ヶ月間。
最高のクラスメイトと最高の環境で勉強できたことを感謝しています。
素晴らしい先生方が揃ってるvector だからこそ自分の英語は伸びたと思います。
一人一人の癖を見抜いてそれぞれに的確なアドバイスをして頂けるので、英語に対する考え方が180度変わりました。
特に発音、チャンクとイントネーションは今まで自分の頭にはなかったものでした。
もう少しだけvector で勉強したいなという気持ちになりました。
まだまだ英語に対する不安はありますがこの4ヶ月間学んだ事を帰国しても続けていき
数年後に世界で活躍できる人材になります。

Aya S.

Aya S.

期間:2017/10-2017/11

卒業して、改めてベクターと出会えて良かったと感じています。ベクターに通ったことで、英語の話し方、長文読解の仕方、英語話者としての考え方や聞き方など、全てが今までと変わりました。ベクター在学中は、寝ても覚めても、(休みの日も夢の中も入浴中も通学中も) 英語、英語、英語。1分1秒たりとも英語が頭から離れることがないくらい英語漬けの日々でした。そのおかげでたくさんのボキャブラリーやセンテンスをインプットすることができ、英語と仲良くなれた気がします(笑)食べ物のパッケージや観光地、広告、バスの中など、街中いたるところで授業で習った英語をたくさん見かけ、その度に嬉しくなりました。実生活で習った英語を意識して使うのはもちろんのことですが、逆にぽろっと無意識で出た英語が授業中のセンテンスということもよくあります。 “すぐに使える生きた英語”を学び、それが耳にも口にも染みついたのだなと、卒業した今とても実感しています。

 

ベクターの先生方は、生徒一人ひとりをこれでもかというほど見てくださいました。他人と比べるのではなく、昨日の自分と比べる意義をも学ぶことができました。素晴らしい先生方のおかげで、英語力はもちろんのこと、ひとりの日本人としても成長することができました。本当に感謝しています。

そして、ベクターで出会ったFrenemy。たくさんの涙も汗も、自分の一番辛い姿も、ひたすらもがく姿も、全てを見せ合ったクラスメイトは、今でも友達を超えた仲間です。

こうして振り返ってみると、ベクターからたくさんの大切なものをもらったなと感じます。ベクターを卒業し、ここからが本番です。ベクターで培った英語力と人間力をさらに育て、将来に繋げたいと思います。本当にありがとうございました。

Maiko S.

Maiko S.

期間:2017/11

長い間お世話になりました。長いと思っていましたが、振り返ってみるとあっという間の時間でした。ベクターでは英語のスキルは勿論のこと、それだけではない沢山の事を学ぶ事が出来ました。特に、まり先生のクラスでは時間の使い方や物事への向かい方、常に負荷をかけるという事の大切さを学べたと思います。また、自分で自分をコントロールするやり方も教わり、これから自分で英語を勉強するにあたっても、とても大切な技術を教えてもらった事が出来たと思っています。本当にありがとうございました。授業は今振り返ると、本当に効果があり今後に使えるものばかりだったなと感じています。二ヶ月クラスを受けた後に、テレビやニュースを読んだ時に確実に聞き取れる語や読める範囲が広がっていたことに驚きました。それまでは必死に先生から渡されるボキャブラリーを毎日覚えていましたが、こんなにも染み付いていてすっとニュースも読めるようになったんだと素直に嬉しかったのを覚えています。とてもしんどい期間でしたが、ベクターに通ったからあの短期間でブラッシュアップさせてもらえたんだな、と思っています。思い出は尽きませんが、兎に角間違いなく私の人生の中でターニングポイントになったと感じています。ありがとうございました。

Asami M.

Asami M.

期間:2017/09-2017/10

私がVectorを知った頃はmari先生のクラスを受けるなんて夢にも思っていませんでした。もともと6ヶ月で留学を終えようと思っていましたし、ESLが決まっていたのでiInputを受けた後はESLに行って日本に帰るつもりでした。ですが、日が経つにつれ自分の英語はこの程度で終わっていいのか、これで日本に帰って半年間留学をしてきましたと胸を張って言えるのかと考えるようになり、英語ととことん向き合わなくちゃと思いMari先生のクラスの受講を決めました。私の判断は大正解だったと思います。人生で1番勉強した2ヶ月間です。今まで使っていなかった脳をフル回転させ授業を受け、クタクタになっているのに山のように宿題がでるそんな日々です。ですがMari先生の熱心な指導のおかげでなんとかやりきることができました。何かをやり遂げたいと思ったら余計なことは考えない、それがこのクラスで英語以外に学んだことです。

Mari先生のクラスを卒業し、胸を張って日本に帰れると思います‼︎
Nanae Y.

Nanae Y.

期間:2017/07-2017/08

最初にVectorに足を踏み入れたのは14ヶ月前、最初はInputコースOutputコースのみの受講予定でしたが、その時のジョイント授業で、上のクラスの人たちの英語の喋り方に引き込まれ、「英語を完全に使いこなしている」「私もこうなりたい」と圧倒され、泣きそうになりながら見ていたのを覚えています。

元々、ESLCollegeを申し込んでいたのもありますが、「応用スピーキング準備科/本科」へのハードルの高さもあり、今すぐ上のクラスを受けたい気持ちを抑え、この度、念願の本科を受講しました。

Vectorの計5ヶ月間は、人生で一番勉強した時間でした。

カナダにきた頃は主語動詞がわかる程度でしたが、今では新聞や本を読んで、英語を文法的に区切るのが趣味になっています()。また、準備科を受講した後からは、目で見て、耳で聞いて、理解できるようになった英語の量が凄まじく増え、「あぁ、今までなんとなくで理解してたんだなぁ。」と痛感することも多かったのですが、相手の言いたいことや、ニュース・新聞で伝えられていることをより的確に捉えられるようになったことに幸せを感じています。さらに、新聞などでもヘッドラインが分からないと読もうと言う気にもならなかったし、ましてや興味のない分野となるとなおさら敬遠していましたが、ヘッドラインが読めるとその先も読みたくて、ついつい読んでしまう「素敵スパイラル」が発生しています。

発音・スピーキングに関してはまだまだまだまだ課題は多いですが、モノに出来ていない技術があると言うことは、それを習得すればもっと楽しい世界が待っていると思うので、授業中に習った方法を続けて、地道に頑張っていこうと思います。

授業中の数多くのプレゼンやアニコン参加を通して鍛えられたお陰で、まだかなり緊張しますが、このドshyな私が人前で英語を喋る楽しさも感じられるようになってきました。これからは、仕事をする中で、人と英語でコミュニケーションをとる楽しさをとんどん経験していきたいと思います。そして、「英語アイデンティティ」を確立したいと思います。

この年で自分と戦う経験ができるチャンスはそうないので、Vectorと出会えてよかったです。この濃すぎる数ヶ月間で、英語だけでなく、性格まで変化したのではないかと思います。

2ヶ月間ありがとうございました。

COURSE TESTIMONIALS

コース別感想文

CONTACT

お問い合わせ

無料体験レッスンやホームステイについても、
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせありがとうございます。お問い合わせ内容のコピーが、ご記入いただきましたメールアドレスにも送信されます。
もし届いていないようでしたら、メールアドレスを再度ご確認の上お問い合わせください。

LINEでお問い合わせの場合は、下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。

Add friend
担当者がログイン後、お応えします。