バンクーバーから行くハワイ その2

VANCOUVER LIFE

バンクーバー現地情報

 

ハワイレポート。

 

 

 

 

こんにちは。
スタッフのTakです。

 

それではハワイ視察のパート2です!

まとめや日本との比較は最後にあります。

パート1は【こちら】

 

ハワイで何をしたい?っと言われて、

「せっかくなら・・・ガーリックシュリンプが食べたい」と安易に答えたんですが・・・。

 

調べたらワイキキから遠い(笑)

公共交通機関のバスで約2時間・・・・。

調べたら、クアアイナの本店もその近く・・・。

North Shore・Haleowaエリア

レンタカーだともっと早いですが、パーキングがなかったらいやだし…。

 

バス(The bus)で行きました(^^)/

 

アラモアナショッピングセンターからバスで1本です。

まずは日本でも有名なGiovanni’s Shrimp Truck(ジョバンニ シュリンプ トラック)。

日本人と韓国人以外にも観光客らしい方が多くいました!!

 

じゃーん!!

率直な感想:

ライスが思ったより水分多め、ニンニク強め (‘ω’)

ここ以外のフードトラックはガラガラでした!

 

ちなみに、食べるエリアにはハエが多かったです!

なので、虫が苦手な人や衛生面を気にする人にはお勧めできないです。

 

有名店だから1回は行きたいけど、次はいいかなぁ(笑)

種類がいくつかあるので、一人一皿よりみんなで分けた方がいいと思います!!

 

次にKUA'AINA クアアイナ本店!

なんか、ちょっとイメージと違いました(笑)

疲れていたせいで?店内の様子を撮り忘れちゃいました・・・

 

 

今回は、日本でも人気のアボカドバーガーベーコンバーガーをチョイス。

ポテトとかは別料金でした。。。

おいしいけど、ガーリックシュリンプのあとなので、ちょっとガーリック感が(苦笑)

 

その後、海まで歩きバスに。

曇りだったので、いい写真は取れず( ;∀;)

 

さすがに片道約2時間弱のバス旅は体力的に大変

っと思ったら帰りは渋滞のせいで3時間弱かかりました。。。

バスでワイキキエリアに向かう途中で「カメハメハ大王」の銅像前を通過。

※The busの車内からの写真

 

金曜日だったので、ヒルトンホテルで花火があると聞き頑張って見に行きました!

5分間の花火でした!

規模は大きくなく、こじんまりとしていますが、
ハワイでみる花火ですので思い出になります!

 

次の日はビーチでゆっくり。

 

別日にはCheesecake Factor(チーズケーキファクトリー)でブランチ♪

オープン15分ぐらい前から並ぶとテラス席の道路に一番近い席をゲット!!

写真のドリンクの正体は、もう少し下で書いてます。

チーズケーキは別日にテイクアウトで買いに行きました。

 

せっかくのハワイなので、全米NO.1のビーチに行ってみようということで今回はHanauma Bayハナウマ ビーチに行きました!

2019年度のNO.1ではないですが。。

 ちなみに、この滞在中によく歩いていたビーチも過去にNo.1になっていました。。。

チーズケーキファクトリーの近くにあるバス停から約30分

ビーチに行くには有料でした!

ここはスノーケリングをする人が多かったです!

バス停からビーチまでは坂道になっています。

重たいものを持っていくとちょっと大変かもしれません。

トロリー的なのもありましたが有料でした。

 

帰りに、バスが来てる!!って走って乗車すると・・・

ワイキキとは逆方向(笑)

なので、途中で降ろしてもらいワイキキ行きのバスを待つことに。。。

ただ・・・なかなか来ませんでした。

 

お昼と同じバス停につき、Maui Brewing

ハッピーアワーをしているとのことでちょっと1杯。

開放感のある店内で、この場所にしかないタップビールを飲みました!

メニューには缶で売っているものと、ここでしか飲めないメニュー両方あるので

よく見て選んでくださいね。

 

番外編として。

個人的に一番好きな果物がパッションフルーツなので、

ハワイのパッションフルーツ【Liliko’i】リリコイのスイーツを探し続けました!

 

ABCストアでも買える缶ジュース【Hawaiian Sun】

のパッションフルーツ&ライチのジュース。

これはお勧めしません・・・。甘いし、シロップ感が強くて

パッションフルーツ感がないです。

頑張って持って、帰り道で飲んだら・・・残念でした。

 

次に、同じくABCストアに売っているKOLOAのラムベースのカクテル。

これはちょっとお酒感があります。

これをさらにソーダで割ったらいいかもです。

 

チーズケーキファクトリーのパッションフルーツモヒート

※写真は上にあります。

これ、おいしかったです!!

ただ、パッションフルーツのチーズケーキがなかったのが残念。

 

最後に一番お勧めしたいのが

Liliha bakery】リリハ ベーカリー

いくつか店舗があって、

ワイキキエリアからだとアラモアナショッピングセンター内の店舗が近いです!

ここのパッションフルーツ マラサダ!

これが一番おいしかったです!

金額も高くないです!!

ポンデリング的なものやシュークリーム的なものもありましたがそれらは微妙でした。。。

※ポンデリング的なのはポンデリングが好きな人は好きだと思います!

 

話は戻ってまとめ。

 

航空券の金額ですが、往復でCA$400を切りました!!
※座席指定等をした場合はCA$ 450ぐらいだそうです。

日本円で考えた場合、CA$400=約3万3千円 ($1=83円として)

安い!!

と同時にカナダ在住の人からすればカナダドルもっと頑張って・・・。

 

ただ、ホテルはアメリカドル計算になるのでちょっと高いです。

 

その点も考えて、日本からの旅行会社のパッケージプランを見てみました。

・6日間 約8-10万円 ※セール価格でホテルを選ばず、安いプラン

 航空券・ホテル代金込・空港使用料込
 2名1室=2名で約16-20万円

 

1日目 :夜出発・同日朝到着でお昼過ぎから自由行動可能

2-4日目:自由行動

5日目 :お昼ごろのフライトの為、帰国準備のみ

6日目 :昼から夕方ごろに日本到着

 

6日間のプランですが、実質3日半ハワイを楽しめます。4泊6日

 

今回のプラン(バンクーバー⇔ハワイ)

・6日間 

 航空券 CA$400

ホテル代 秘密

 

参考として:

ランクを選ばなければ、ホテルだと週末期間含め4泊5日で$630-800 (1室)

US$1=108円として、US$ 700の場合約76000円

76000÷2=38000円

3万8千円+3万3千=71000円

二人で14万2千円

 

1日目 :夕方出発・同日の夜到着

2-4日目:自由行動

5日目 :19:00頃まで自由行動可能で、その後空港に移動

6日目 :朝到着

 

6日間のプランですが、実質3日半以上ハワイを楽しめます。5泊6日(内1泊は機内拍)

 

あれ?滞在時間的にはほぼ同じとなりました。

それでは、ここで個人的な意見を付け加えますね。

 

まず、初日がポイントです。

正直、飛行機の長旅は疲れます

そのため、到着日にそのまま動くのは正直疲れます!
飛行機で寝ることができなければ余計に疲れますよね。

その点では夜に到着し初日はそのままホテルに向かい睡眠!これは助かりました。

さらにバンクーバーからですと時差も2時間だけなので時差ボケもなかったです

(時差ボケにいつも苦労するので、とても助かりました。)

2日目の朝もいつものように起きることができ、朝から行動ができました!!

 

また、日本からですと片道送迎があるようですが注意事項をオフィスで行ったり、

乗り合いの為自分のホテルに行くまで時間がかかるそうです。

 

最終日はチェックアウト後に荷物を預けて再びビーチへ行けます。

ゆっくりサンセットも見たところで、

日焼け疲れ及び遊び疲れによりそのまま空港に行くことにしましたが。笑
フライト中は寝て過ごし、朝到着
午後から出勤・・・はせずに洗濯し、お昼寝。

日本の場合、空港から家まで距離があるかと思いますので夕方に空港到着の場合は

家につくのが夜になり洗濯等が難しい気がします。

(家事の心配をするのは自分だけでしょうか?)

 

 

結果

日本(東京)からハワイとバンクーバーからハワイを比べると

①出発は夕方から夜となり午後便という点では同じですが、

到着が同日の10:00PM頃か同日の朝到着

※日本からは時差があるため

 

②帰りは日本行きが昼頃の出発でバンクーバー行きが夜出発。
空港に2時間前までにつかないといけないことを考えると、

日本行きの場合は最終日にアクティビティを入れることができない。

 

③航空券だけでみるとバンクーバーからのほうが安い。

※ハイシーズンは少し安い程度ですが、セールがよくあります。

 

④金額的には
日本からホテル&航空券付のパッケージプランにした場合と、

バンクーバーから航空券とホテルをバラバラで取った場合だと

ホテルのランクと1室に何人滞在できるか次第!!!

 

 

 

実際に感じたこと。

 

・行きも帰りも夜ご飯で迷いました。

到着後に食べるとなると、ファーストフードやABCストアになりますし、

先に食べるとなると搭乗時間的に16:00ごろになります。

帰りは空港で食べようと思ったんですが、

21時過ぎで開いていたのがバーバーキングやスタバぐらいでした。

(帰りは市内で食べる時間はあったので、そうすればよかっただけなんですけどね。)

 

・JCBのカードがあればトロリーが無料など、

日本からツアーに申し込まなくてもお得になる可能性があるそうです。

 ただ、バスの乗り方も難しくないため【無料】にこだわるよりは

$5で1日乗車券を買ったほうがいろいろなところに行けます

(2020年1・2月時点)

 

英語を使う機会もあるので、

安全に気を付けてバックパッカーホテルに泊まって、

ハワイに長期滞在でゆっくりしながら

英語でいろいろな国の友達作りもいいですね。

 

 

過去の旅行系のブログ(2019年以前のブログです)

↓のタイトルをクリックしていただきますと、過去の記事をみれます!

自称ハワイ視察 パート1

バンクーバーからいくビクトリア旅行 前編

バンクーバーからいくビクトリア旅行 後編

バンクーバーで人気の簡単に行ける、ハイキング【Deep Cove】

 

 

 

VECTOR BLOG CONTENTS

ベクターブログコンテンツ

CONTACT

お問い合わせ

無料体験レッスンやホームステイについても、
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせありがとうございます。お問い合わせ内容のコピーが、ご記入いただきましたメールアドレスにも送信されます。
もし届いていないようでしたら、メールアドレスを再度ご確認の上お問い合わせください。

LINEでお問い合わせの場合は、下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。

Add friend
担当者がログイン後、お応えします。